薄毛・細毛の人が安全にカラーする方法

薄毛・細毛の人が安全にカラーする方法

美容室に行く前の晩の頭皮保護


施術

薄毛・細毛の手当を現在していてカラーに不安を持つ人は、次のような方法で前処理して美容室でカラーしてもらっています。
この方法で染めると「通常のカラーよりきれいに染まるし、頭皮に痛みがない」からと、薄毛・細毛の人には喜ばれています。

体質によりカラーのダメージを強く受けるアトピー体質、ぜんそく、鼻炎、花粉症、UV成分配合の化粧品でかぶれた経験がある人、カラーの薬剤で頭皮に痛みやヒリヒリ感がある人など。

このような方々は、どうしてもカラーしなければならないなら下記の処理をして美容室にきましょう。

頭皮を鏡で観察して「炎症がないか」を確かめて、炎症がある場合は下記の全部を、炎症がない場合は「2.頭皮・毛穴の保護1」ははぶいてもいい。

急性の炎症や広範囲に炎症が見られる場合は、カラーは延期した方がいい。


1.シャンプー

カラーに行く前の晩に頭皮をきれいにしておき、カラー前のシャンプーをする美容室の場合は「シャンプーしないでカラーして」と頼んでください。

シャンプーは「皮脂をよく取るシャンプー」や「脱脂力の強いシャンプー」は使わないように。
また毛穴が詰まっているからとすすめられたシャンプーも使わないように。

できたら「頭皮用シャンプー(泡で洗う刺激の少ないケアシャンプーか、エコシャンプー)で 軽く洗うくらいでいいのです。

洗う前の予洗いをていねいにおこない、適量のシャンプーで軽く洗い、すすぎ洗いは十分にすることを心がけたい。


2.頭皮・毛穴の保護1(炎症のある場合)

右の写真のように頭皮が赤っぽい場合や炎症がある場合は、
下記の商品でケアしておく。

1.ケアローションKを頭頂部と炎症部位に塗布しなじませる。

2.強い炎症部位には「オウバクゲル」を塗布してなじませる。

しばらくそのままにしておく。


3.頭皮・毛穴の保護2


きれいな頭皮

カラー用セリピッドの塗布。

頭皮全体(特に頭頂部、生え際)にセリピッドを塗布します。

カラーの薬剤で頭皮が痛いとかヒリヒリ感がある人は、頭皮全体に塗布して保護してください。

カラー用セリピッドは油脂なのでべたべた感はありますが、きっちり頭皮を保護するだけでなく、頭皮の育毛環境をよくする効果 が期待できます。

急ぎの場合は、いきなりカラー用セリピッドを頭皮に塗布しなじませてから理・美容室に行って染めてもらってください。


4.美容室への依頼事項

いきつけの美容室には「保護剤で頭皮を塗布しているが、じゅうぶん染まる」ので通常のカラーしてほしいと事前に頼んでください。

ほとんどの美容室では引き受けてもらえるようですが、なかには「結果が分からないから」と断る美容室もあります。(これも当然ですが)
でも、いま多くの美容室がこのカラー施術(RSTカラーシステム)を勉強しに大阪まで来ておられます。

特殊なカラー剤や特殊な施術方法でない限りは、きちんと染まっています。

心配な方は、いちど当方の美容室へ来て体験してみてください。
詳しくは下記のメールで質疑応答しています。
 ふなはし


上記のカラー保護用商品について


レストルクリニック
所長:舟橋 成彬

上記の安全カラー用商品は「カウンセリングして販売」をしております。

体質、現在の状態、カラー時の頭皮の状態、などをメールで質疑応答して「的確な使い方」とともに販売しています。 

下記金額は税抜です。


カラー用セリピッド

頭皮や毛穴を薬液から保護、頭皮活性    
30ml   6,000円

頭皮用シャンプー

頭皮の育毛環境をよくして薄毛・細毛予防  
210ml  4,600円

抗炎症シャンプー

炎症のある頭皮の薄毛・細毛予防シャンプー
210ml  6,000円

頭皮保護ローション

炎症のある頭皮の回復
100ml  8,000円

頭皮保護ゲル

頭皮の老化予防、抗炎症ゲル         
100g   8,000円

お申し込みは  レストルクリニック まで
詳しい状況をお聞きして、手当法や注意事項とともに商品をお送りします。
お支払い方法は、銀行振込・代引のいずれかをご利用頂けます。

↑ PAGE TOP