家庭でのカラーは薄毛・細毛の危険性が

家庭でカラーしている方へ やはり薄毛・細毛の危険性が

便利のウラに危険が


頭皮の炎症

安価で手軽に染められることから家庭でカラーしている人が多い。

また理・美容室のカラーは危ないということで、ヘナで染めている人もたくさんいらっしゃいます。

しかし短時間で手軽に染められる家庭用カラーは「案外刺激がある」ことを知っておいて使い方には注意が必要です。

短時間で反応し染まる家庭用カラーは、それだけ頭皮や髪に与える影響も大きく、とくに薄毛・細毛が気になる人にはダメージが強いのです。


シャンプーしても薬液は頭皮や毛穴の中に残留している


廃液の残留

家庭用カラーで染め、シャンプーで洗い流せば薬液は全部洗い流されたとおもっているが、実は頭皮や毛穴の中にまだ薬液は残っています。

右の写真はカラーして3週間後に、水で頭皮とを洗浄した廃液だが、こんなにたくさんカラー薬液が残留しています。

この残留した薬液が、細胞分裂を低下させ、毛根を細くしていき、毛の寿命も短くしていき、頭皮の育毛環境を悪化させていきます。

カラーの薬液はパーマよりも頭皮や毛穴に与えるダメージは強く、できたら経験豊かな理・美容室でカラーした方がいい。


対策1 カラー前の頭皮・毛穴の保護

老化した頭皮を保護して頭皮を活性化する目的で頭皮料=セリピッドが使われています。

そのセリピッドには「カラー用セリピッド」があり、これをカラー前の頭皮(頭頂部を中心に薄毛・細毛が気になる部位、薬液で頭皮が痛い部位、生え際など)に薄くつけてなじませます。

髪が傷んでいたり、退色しやすい場合は「アクセラローション1B」を吹き付けて髪によくなじませておきます。

傷んだ髪を補修・保護してカラーの発色をよくして濃くそめることができます。


2 カラー後のシャンプー

ケアシャンプーS

家庭用カラーは比較的浅く染まるので、シャンプーなどで退色しやすい。

またカラー後のキューティクルは剥がれやすくなっており、通常のシャンプーでいつも通りの洗い方をしていると「髪は傷むし退色は早くなる」という結果になります。

髪を傷めないだけでなく、細くしない薄毛・細毛予防のシャンプーを使うことで、カラー後の髪の損傷を食い止めることができます。

頭皮用シャンプーは、通常は「ケアシャンプー」を使いますが、炎症がある場合は「エコシャンプー」をつかって頭皮の育毛環境を守ります。


3 美髪

当方は「頭皮の育毛環境を悪化させない」商品と「薄毛・細毛の改善」のための商品を研究・開発しております。
さらに髪質をよくしていく美髪商品も開発しております。

◇ボリュームを出す マトリックスローション4
髪の根元に吹き付けてドライヤーで上に伸ばすようにするとかんたんに自然にボリュームアップします。

◇傷みやすく細い毛をしっかりした髪質に。
マトリックスローション5を全体に吹き付けてブラッシングしブローします。

◇まとまりをよくする
マトリックスローション6を吹き付けてブローしながらスタイルを作ります。


上記のカラー保護用商品について


レストルクリニック
所長:舟橋 成彬

上記の安全カラー用商品は「カウンセリングして販売」しています。

体質、現在の状態、カラー時の頭皮の状態、などをメールで質疑応答して「的確な使い方」とともに販売しています。

お申し込みは  レストルクリニック まで
詳しい状況をお聞きして、手当法や注意事項とともに商品をお送りします。お支払い方法は、銀行振込・代引のいずれかをご利用頂けます。

カラー用セリピッド

頭皮や毛穴を薬液から保護、頭皮活性    
30ml   6,000円(税抜)

頭皮用シャンプー

頭皮の育毛環境をよくして薄毛・細毛予防  
210ml  4,600円(税抜)

抗炎症シャンプー

炎症のある頭皮の薄毛・細毛予防シャンプー
210ml  6,000円(税抜)

頭皮保護ローション

炎症のある頭皮の回復
100ml  8,000円(税抜)

頭皮保護ゲル

頭皮の老化予防、抗炎症ゲル         
100g   8,000円(税抜)

↑ PAGE TOP